コインチェックのメリットとデメリット【仮想通貨初心者向け】

  • URLをコピーしました!

仮想通貨が気になるけれど、何からはじめればいいのかわからない…

そんな悩みを解決します。

  • NFT
  • メタバース
  • DeFi(分散型金融)
  • Play to earn game(遊びながら稼げるゲーム)

仮想通貨に関連したサービスをはじめてみたい人が増えました。

松田翔太さんのテレビCMでお馴染みのコインチェックが気になる人も多いですよね?

コインチェック

コインチェックの公式サイトはこちら

目次

仮想通貨初心者にはコインチェックがおすすめ

コインチェックはどんな取引所?

コインチェックは金融庁に登録済の取引所。

金融庁に登録されていない業者や、個人による「絶対に儲かるセミナー」などの勧誘は、詐欺の可能性が高いので注意しましょう。

コインチェックのデメリットは?

コインチェックのデメリットはスプレッドが広いこと。

スプレッドとは仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のことです。

初心者のうちは仮想通貨取引をするときの手数料という理解でも大丈夫。

また、2018年1月に起きた「NEM流出事件」が印象的で、ハッキングが怖いという意見も耳にします。

しかし、「NEM流出事件」をきっかけに東証一部上場「マネックスグループ」に入ったことで、大幅なセキュリティ改善を実現しています。

コインチェックのメリットは?

コインチェックのアプリは操作性に優れていて、わかりやすいことで有名です。

初心者にとっては、複雑な機能が多いことよりも、アプリが使いやすいことが最重要ポイント。

勇気を出して、投資の第一歩を踏み出そうとしたのに、アプリの操作が難しかったらやる気がでませんよね?

その他にも、取り扱い通貨数の多さ、アプリダウンロード数の多さ、取引所の手数料が無料であること、セキュリティの確かさといったメリットがあります。

コインチェックの悪い評判は?

Twitterでは「コインチェックはスプレッドが高い」という評判があります。

細かくトレードをしたい人には向きません。

しかし、仮想通貨を購入して、しばらく放置して持ち続けるつもりの人にとっては、それほど気にならないでしょう。

コインチェックの良い評判は?

たくさんの海外取引所やDeFi投資をしてみて、やっぱりコインチェックの安心感はすごいです。

海外サイトで悪戦苦闘してから、コインチェックに戻ってくるとホッとします。

日本語で簡単に使えるメリットは大きいです。

まとめ

・コインチェックは金融庁に認可されている取引所
・初心者でも簡単に使える日本語アプリ
・スプレッドが広く、くり返しトレードしたい人には不利

コインチェックは、これから仮想通貨をはじめる初心者にも簡単に使える日本語の取引所です。

金融庁に認可されていて、東証一部上場「マネックスグループ」の一員なので、セキュリティ面も安心。

まずはコインチェックの無料登録から仮想通貨投資の第一歩をはじめてみましょう。

コインチェック

コインチェックの公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次