OpenSeaでポリゴンのNFTをお得に買う方法【裏技】

  • URLをコピーしました!

OpenSeaでポリゴンのNFTをお得に買いたい…

こんな要望にお応えします。

OpenSeaには「イーサリアムのNFT」と「ポリゴンのNFT」という2種類のNFTがあります。

OpenSeaで利用できるETHは次の2種類です。

  • イーサリアムネットワークのETH
  • ポリゴンネットワークのETH

ポリゴンのNFTを購入するためには「Maticという仮想通貨」が必要だという情報がありますが、その情報は誤っています。

OpenSeaでNFTを購入するためにはMaticを使いません。

ポリゴンのNFTを買うために必要なのは「ポリゴンネットワークのETH」であってMaticではないのです。

OpenSeaでは、ポリゴンのNFTを購入する画面で「イーサリアムネットワークのETH」を「ポリゴンネットワークのETH」にブリッジ(両替みたいなもの)できるので簡単です。

しかし、ブリッジにはガス代(両替手数料みたいなもの)がかかります。

OpenSeaでは、NFTの価格分だけをブリッジすることになり、多めのETHをブリッジすることはできません。

そのため、NFTを買うたびにガス代を支払うことになります。

複数のNFTを購入する場合は、ポリゴン公式サイトを使って、余裕を持ってETHをブリッジしておいたほうがお得です。

ブリッジの回数を減らすことで、ガス代の節約になります。

この記事では、MetaMaskに「イーサリアムネットワークのETH」がある状態から解説します。

NFTを購入するためにETHを入手するためにはコインチェックバイナンスが使いやすいので、まだ口座をお持ちでない場合は、先に口座開設を済ませておきましょう。

コインチェック

コインチェックの公式サイトはこちら

目次

ポリゴン公式サイトでETHをブリッジする方法

ポリゴン公式サイトで「Polygon Wallet」をクリック

ポリゴン公式サイトにアクセスしたら「Polygon Wallet」をクリックします。

Matic(Polygon)の使い方

MetaMaskをクリック

ログイン画面で「MetaMask」をクリックします。

Matic(Polygon)の使い方

MetaMaskに署名します

MetaMaskが起動して、署名を要求されます。

メッセージを確認して問題なければ「署名」をクリックしてください。

Matic(Polygon)の使い方

Polygon Bridgeをクリック

  1. 「Apps」をクリック
  2. 「Polygon Bridge」をクリック
Matic(Polygon)の使い方

「Transfer」をクリック

  1. ポリゴンネットワークにブリッジしたいETHの金額を入力
  2. 「Transfer」をクリック

の順番で操作します。

Matic(Polygon)の使い方

「Continue」をクリック

ポップアップが表示されるので、内容に問題がなければ「Continue」をクリックします。

Matic(Polygon)の使い方

ガス代を承諾して「Continue」をクリック

ガス代の見積もりが表示されます。

見積もりを承諾したら「Continue」をクリックします。

ガス代はブリッジするたびにかかります。

いろいろなNFTを買う予定がある人は、余裕を持った金額をブリッジしておきましょう。

Matic(Polygon)の使い方

ブリッジ内容の確認

「イーサリアムネットワーク」から「ポリゴンネットワーク」に「0.01ETH」をブリッジするという内容が表示されています。

内容を承諾したら「Continue」をクリックしてください。

Matic(Polygon)の使い方

MetaMaskの「確認」をクリック

MetaMaskのポップアップが起動します。

ガス代と合計金額を確認して「確認」をクリックします。

Matic(Polygon)の使い方

Transfer in Progressのポップアップ表示

「Transfer in Progress」のポップアップが立ち上がります。

「View on Etherscan」をクリックするとEtherscanの状況を確認できます。

Matic(Polygon)の使い方

Etherscanで状況確認

「Transaction in process」のサークルがクルクル回り続けて、画面が遷移しないので、PCの電源をつけたまま放置しました。

約6時間後にEtherscanを確認すると「Status」に「Success」と表示されています。

画面は遷移しませんでしたが、5時間58分前にブリッジは成功していたようです。

Matic(Polygon)の使い方

MetaMaskの確認

MetaMaskを起動すると、イーサリアムメインネットのETHが減っていました。

Matic(Polygon)の使い方

Matic Mainnetを確認

MetaMaskのネットワークをMatic Mainnetに変更します。

すると0.02MATICと表示されています。

「0.01ETH」が「0.02MATIC」?

損したかもしれないと焦る瞬間ですが落ち着きましょう。

Matic(Polygon)の使い方

MetaMaskの「Import tokens」をクリック

今はWETHが表示されていないだけです。

Matic MainnetにWETH(ポリゴンネットワークのETH)を表示させましょう。

まずは、MetaMaskの「Import tokens」をクリックします。

Matic(Polygon)の使い方

WETHのコントラクトアドレスを調べる

CoinMarketCapで「ポリゴンネットワークのETH(WETH)」のコントラクトアドレスを調べました。

WETHのコントラクトアドレスは

0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619

です。

Import TokensにWETHのコントラクトアドレスを入力

  1. トークンコントラクトアドレスに「0x7ceb23fd6bc0add59e62ac25578270cff1b9f619」をコピー&ペースト
  2. トークンシンボルに「WETH」と表示される
  3. トークンの10進数に18と表示される
  4. 確認して「Add Custom Token」をクリック
Matic(Polygon)の使い方

「Import Tokens」をクリック

「WETH」が表示されたことを確認して「Import Tokens」をクリックします。

Matic(Polygon)の使い方

ETHのブリッジが完了

Matic MainnetにWETHが表示されました。

これが「ポリゴンネットワークのETH」です。

Matic(Polygon)の使い方

まとめ

・「イーサリアムネットワークのETH」と「ポリゴンネットワークのETH」は別物
・OpenSeaでMaticは必要ない
・複数のNFTを買う場合は、まとめた金額をブリッジして、ブリッジ回数を減らすとお得

ETHを入手するためにはコインチェックバイナンスが使いやすいので、まだ口座をお持ちでない場合は、こちらの公式サイトから口座開設しましょう。

コインチェック

コインチェックの公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次