ファンアーティスト(二次創作者)がGALACAAを選ぶメリット

  • URLをコピーしました!

創作したファンアートをもっとたくさんの人に知ってもらいたいと感じていませんか?
ファンアートを収益化できるといいな!と思っていませんか?

ファンアートは有益な創造活動です。しかし、残念ながら、特定のコミュニティでの内輪ネタの枠を超えることが難しく、多くの人の目に触れられないことが多いです。

また、ファンアートの大半は、SNS上で無断公開されていることが多く、適法性に疑問が残ります。

今回ご紹介するGALACAAは、DIR EN GREYをはじめとする人気J-ROCKバンドから正式に許諾を得たプラットフォームです。意欲的なファンアーティストがファンアートを収益化するためのプラットフォームとして誕生しました。

ファンアーティストがGALACAAを選ぶメリットについて見ていきましょう!

目次

正しい方法でファンアートを創作し公開する必要性

多くのファンアートは、原作アーティストやプロダクションの許可を得ずに創作されています。それらのファンアートは、原作者によって黙認されていることがほとんどで、原作者がその気になれば、法的措置の対象になる可能性があるのです。

あなたが心をこめて創作したファンアートをSNSなどのグレーゾーンで公開することは、ファンアーティストにとって軽率な行為です。ファンアーティストが意図せずとも違法な行為に手を染めてしまう可能性があるのです。

さらに、グレーゾーンで公開されるファンアートは、限られたコミュニティ内に留まり、より多くのオーディエンスに届けることが難しいのが現状です。

ファンアーティストは、原作アーティストやプロダクションが推奨する方法で創作活動を楽しんだり、収益化したりする必要があります。

GALACAAは原作アーティストによる公式プラットフォーム

GALACAAは、DIR EN GREYをはじめとする有名アーティストが所属するFWD株式会社によって運営されています。原作アーティストと無関係な第三者によるプラットフォームに比較して圧倒的な信頼感があります。GALACAA内で規約に沿ったファンアートを公開することで違法性が問われる可能性はないでしょう。

GALACAAは、二次創作を行うことで原作アーティストに貢献し、なおかつ報酬を得たいと考えるすべての人にチャンスを提供するプラットフォームです。

漫画家やアニメーター、ミュージシャン、声優、映画制作者、小説家などが、ファンアートを制作し、原作アーティストに貢献しながら収益を上げることができます。

GALACAAに著作権を許諾するアーティストの想い

GALACAAに著作権をライセンスしている原作アーティストや音楽事務所の立場になって考えてみます。

もし、あなたが原作アーティストだったり、音楽事務所のスタッフだったら、SNSなどで勝手に作品を公開しているファンアーティストと、GALACAAで作品を公開しているファンアーティストのどちらを応援するでしょうか?

答えは簡単で、原作アーティストや音楽事務所のスタッフはGALACAAで作品を公開しているファンアーティストを応援するでしょう。ルールの中で活動してくれるファンを優遇するのは当然です。そもそも、彼らはSNSなどで勝手に公開されているファンアートをウォッチするほどヒマではないのです。

もし、原作アーティストや音楽事務所のスタッフが、新人アーティストを発掘したり、優れたファンアーティストとコラボレーションしようとしたら、まず見るのは自身が運営しているプラットフォームからピックアップをはじめると思いませんか?

あなたがファンアートをきっかけに、有名アーティストや音楽事務所の目にとまるチャンスを得たいと考えているのだとしたら、公式サービスを利用することが最適解だといえます。

公式が推奨していないSNSなどで活動するのではなく、GALACAAでファンアートを公開することで、原作アーティスト、ファンアーティストともに、健全な文化交流を促進することができるのです。

おわりに

GALACAAは、原作アーティストと音楽事務所の正式な許諾を得て、ファンアーティストが自身のファンアートを公開し、収益化するチャンスを提供するプラットフォームです。

DIR EN GREYのような世界的に有名なアーティストが、コンテンツの二次使用許諾をしてくれたおかげで、新しい文化が発展することを期待しています。

ファンアーティストはGALACAAをを利用することで、自身の才能や可能性を最大限に発揮することができるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次